茨城県で名を馳せる金融機関
もっと便利な筑波銀行
筑波銀行の商品

筑波銀行は基本的に個人および中小企業との取引を中心としています。というのも茨城県内の比較的大きな企業は、経営規模の大きい常陽銀行を利用することが多いためです。しかし筑波銀行は合併後に前身からの顧客を離さないために重複する店舗の合併をおこない、引き継ぎ作業をスムーズにしました。そのため合併による一時的な顧客の減少はほとんどなく、いたって順調な滑り出しを見せています。

そんな筑波銀行の個人向け商品は、生涯に渡って使い続けることができるようなラインナップとなっています。筑波銀行のホームページでは生涯のマネープランのモデルケースを提示していて、各ライフイベントごとに便利な商品をリストアップしています。そのため特に銀行使い始めの初心者に人気が高く、一生涯メインバンクとなることも少なくありません。茨城県は農業が盛んなうえに研究所などテクノロジー分野の職場も多く、比較的若い層が多いのです。

筑波銀行の金利はおおむね平均的ですが、貯蓄預金や健分録といった個性的な商品だと有利な金利で利用することができます。定期預金で人気があるのは総合口座や貯蓄預金、積立式定期預金で、通常よりも高い金利での運用が可能です。金利のタイプや制約によって違いがあるので、とくに若いうちは積立式定期預金や貯蓄預金で貯めて、中年以降は大口定期預金も使って高金利での預金がオススメです。とは言え、ネット銀行と定期預金の金利を比較すると、やはり一歩譲ってしまうようです。

注目すべきは退職金専用の定期預金である健分録という商品です。この商品は退職金のみ扱える定期預金で、1パーセントを超える高金利での運用が魅力です。しかし基本的には本格的な運用方法が決まるまでのつなぎ用定期預金という立ち位置なので、預け入れ期間が短く3ヶ月と6ヶ月の2種類しかありません。しかしそれを補う高金利運用なので、退職金が入ったときは運用方法が決まっていたとしても、まずはこの商品を利用することをオススメします。

 
 
 
もっと便利な筑波銀行
  • 筑波銀行の商品
  • 筑波銀行のなりたち
  • 筑波銀行の保険
  • 筑波銀行の法人向け商品
  • 筑波銀行ならではのサービス
  • 筑波銀行と復興支援
  •  
    常陽銀行の便利な商品
  • 茨城県の常陽銀行
  • 常陽銀行で貯める
  • 常陽銀行で増やす
  • 常陽銀行で借りる
  • 常陽銀行の便利機能
  • もっとお得に常陽銀行
  •  
     
     
    © 2014 茨城県で名を馳せる金融機関